コーポレートサイト・ブランドサイトのコンバージョンをいかに設定するか

ECサイトやリード獲得系サイトなんかに比べると、コーポレートサイトとかブランドサイトってコンバージョンやKPIが設定しにくいですよね。私が勤めている会社のクライアントさんも多くはコーポレートサイトだったりするので、特に明確なコンバージョンやKPIを設定していない!というサイトにはよく出くわします。

コーポレートサイト・ブランドサイトのコンバージョン設定というのは、Web制作会社でアクセス解析をしている自分にとって、かなり重大なテーマ・課題です。でも最近、そういうサイトでもちょっとしたコツを掴めば、明確なコンバージョンを設定できるのではないかと思ってきました。

ポイントとしては、

  • 具体的にビジネスに結び付ける(購入・態度変容を匂わせる)
  • それを数字に置き換える(数字に意味付けする)

というところです。

例えば、電化製品を扱う企業のコーポレートサイトの場合。

コーポレートサイトのKPIとしてよく挙げられるのが「商品説明ページのページビュー数」や「訪問別ページビュー数」などですが、これらをKPIにすると指標としてちょっと弱いですよね。「何ページ見られたらコンバージョンとするのか?」とか「それで売上に繋がるのか?」とかいう話になってしまいます。

なので、ここでもうちょっと具体的にビジネスに結び付けてるために、例えば下記のようにユーザ像やビジネスへの貢献を具体化してみます。

想定するユーザ像

商品検討の段階では価格比較サイト(カカクコムとか)を使って商品を選ぶ。ある程度気に入った商品が絞れたらコーポレートサイトにも訪れて商品の詳細情報を得たいと考える。

ビジネスへの貢献

特定の商品を目掛けてサイトに訪れたユーザに対して、より上位スペックの機種や、近々発売予定の新商品などのラインナップを知ってもらうことでアップセルが狙えたり、豊富なラインナップを見せることでブランド自体への好意が高まり、その後の商品選定において自社の商品を選んで貰える可能性が高まります。

と、ここまでビジネスに結び付けてしまって、下記のように数字に置き換えます。

数字に置き換える

  • 価格比較サイトから訪れたユーザの、上位スペックや新商品説明ページのページビュー数
  • 価格比較サイトから訪れたユーザの、目当てにしていた商品と同ジャンルの商品説明ページをどれぐらい回遊したか(訪問別ページビュー数)

がKPIとして設定できます。

単純な「商品説明ページのページビュー数」や「訪問別ページビュー数」ではなく、これらの数字にビジネスに結び付くような意味が付加されていると思います。

とまぁ、上記はあくまで一例であり、同じような商品を扱うサイトでも、まったく別のコンバージョンやKPIを設定するケースがあると思いますし、セグメントの切り方や数値への意味付けの仕方は千差万別だと思います。

このように、どのサイトでも共通で使えるようなKPIは、コーポレートサイトの場合あまり価値がなく、サイトごとに具体的にユーザ像やビジネスへの結び付きを考えていく必要があるから、コンバージョン設定が難しくなっているのだと思います。

ただ、そういうことを考えるのが解析の醍醐味であり、面白いところだと思います。

【GA】フィルタによる置換はデフォルトのページの処理よりも後に行われる

ちょっとしたことなのですが、

/?p=100

このようなURLを

/p100

という形にしたくて下記のようなフィルタを設定しました。

フィルタの置換で「?p=」を「p」に置換

 

と同時に、デフォルトのページをまだ設定していなかったので、「index.html」と設定しました。

すると、下記のようなURLでレポートに表示されました。

/index.htmlp100

・・・なるほど。

フィルタが先に適用されて、index.htmlは付かないと思ってたんですが、先にデフォルトのページの処理が行われてindex.htmlが付いちゃって、その後にフィルタの置換が適用されたようです。

 

どうやらフィルタの置換というのは、解析処理の最後の方で適用されるものみたいですね。

勉強になりました。

 

【GA】目標(コンバージョン)とイベントと、正規表現とフィルタ

平松愛理の曲みたいなタイトルの記事になってしまいましたが、今回はイベントを目標(コンバージョン)に設定するにあたって、気づいたことを2つほど。

カテゴリ・アクション・ラベルの指定には正規表現が使える

Googleのヘルプやネットを検索する限りでは、目標にイベントを選んだ際のカテゴリ・アクション・ラベルの指定に正規表現が使えるとはどこにも書いてないのですが、試してみたところ問題なく使えました。

もしかすると当たり前のことなのかも知れませんが、正規表現が使えないとかなりピンチな状況に陥っていたので助かりました。

マッチタイプは「一致」を選んで、右側のテキストエリアに正規表現を記載します。

例)
アクションが「outboundLink」「downloadLink」「Link」と3種類あって、「outboundLink」「downloadLink」だけを1つの目標に設定したい場合は、

アクションにマッチタイプ「一致」、テキストエリア「.+Link」

と指定します。下記のような形です。

アクションを一致にして「.+Link」を指定

マッチタイプの「一致」は、部分一致+正規表現一致みたいな感じなのでしょうかね。

フィルタで置換したカテゴリ・アクション・ラベルの文字は、目標として設定できない

例えば上記の例で、「outboundLink」「downloadLink」をフィルタの置換を使って「conversionLink」にまとめていた場合に、目標に「conversionLink」を設定しても、レポートにはカウントされません。

また逆に、フィルタで置換していた場合でも、置換前の文字列「outboundLink」「downloadLink」を指定すればカウントされます。

例えば下記のようなフィルタを指定して、イベントのアクションを置換した場合です。

フィルタで検索と置換を選んで、「(outbound|download)Link」を「conversionLink」に置換
こんなことをして目標に「conversionLink」を設定しても意味ないようです。
(もちろんイベントのレポートでは置換されて表示されます)

[5月11日追記]
上記の内容は目標を「イベント」にした場合のみのお話です。

目標を「URLへのアクセス」にした場合は、フィルタで置換した文字列(URL)を目標URLに設定することが可能です。逆に、フィルタで置換した場合は置換前のURLを目標URLに設定してもカウントされません。
[追記終了]

つまりは、Googleアナリティクスの処理が、

「目標(イベント)のカウント」→「フィルタによる置換」→「目標(URLへのアクセス)」

という順番になっているのだと思われます。

ということで今回は以上です。イベントに正規表現が使えないと魅力半減なので、使えて良かったです。あと、目標をイベントにした場合と、URLへのアクセスにした場合で処理のタイミングが異なるのは少し驚きです。なんでこんなことになってるんでしょうか。