Trackability(トラッカビリティ) -トラッキングできるようにするということ-

これまで、「アクセス解析の都合で、デザインやコンテンツを変えるのは良くない」という信条でやっていたのですが、最近はちょっと考え方が変わってきまして、「トラッキングができるようにしておくこと」がとても重要じゃないかと思うようになりました。

ここでいう「トラッキングができるようにしておくこと」というのは、ページにアクセス解析のタグを埋め込んでおきましょうとか、バナー広告をクリックしたという情報をサードパーティクッキーに保存しておいて云々とか、そういうお話ではありません。

例えば、ブランドサイトにおけるユーザの購入意向やブランド好感度の変化など、アクセス解析では分からないと言われていて、かつそのサイトにとって重要なゴールになるような指標については、「分かるようにする」ことに注力していく必要があるのではないかと思っているのです。

多くのFAQページ(よくある質問ページ)で見かける、「この質問は役に立ちましたか?」というフィードバックの仕組みは、まさにTrackabilityを意識した形です。

他にも例えば、レストランのサイトであれば割引クーポンをダウンロードできるようにすればサイト訪問者の来店意向を知ることができますし、ドッグフードのブランドサイトであれば試食サンプルを請求できるようにしておくことで、購入検討者とそうでない人を区別することが可能です。

Trackabilityを意識する、すなわち成果を数値化して可視化するということは、Webサイトやコンテンツの価値を正しく評価して、適切な投資を行う上で非常に重要です。そして世の中には価値が可視化されていないがために、企業の経営層やマーケティング戦略担当者に忘れられてしまっているマーケティング資産が、まだまだ多く眠っていると感じています。

そしてもっと話を広げると、これはWebやデジタル領域だけの話ではなく、今後O2Oやトランスメディアなマーケティングが広がったり、OnlineとOfflineを含んだアトリビューション分析が加速するに従って、メディア間の移動をトラッキングできるようにしておく、という意味において重要になってくると思います。

 

これまで私のいるWeb制作の現場では、Trackabilityについてほとんど意識されていなかったのではないかと思います。もちろん、例えばECサイトのようにサイトの性質上トラッキングすることが当たり前の場合はありますが、そうでない場合に「わざわざトラッキングできるようにすることに注力する」というケースは非常に少ないと思います。

しかしながら今現在でも既に、企業の広報やWebマーケティング担当の方々には、数値化された成果の提示がより強く求められるようになっていると思いますし、この流れは今後より一層強くなっていって、Trackabilityを意識する必要性を実感するケースが増えてくるでしょう。

 

そんなに遠くない未来に、すべてのマーケティング施策にTrackabilityという要素が必須条件になるような時代がくるのではないかと思いまして、アクセス解析を仕事にしている私にとってはとても喜ばしい限りでございます。わくわく。

 

 

_gaTrackerに参加させていただきました(スマホアプリの解析についても書いてます)

6/6(水)の_gaTrackerに参加させていただきました!

普段Twitterやブログを拝見している方とご対面できたり、解析業界の第一線で活躍されている方々のお話を聞けたりと、とてもとても充実した時間でした。組織の権威というのは、参加している方々に依存するんだなぁということをひしひしと感じました。このような場にご招待いただいたCinciいちしま様には足を向けて寝れません。

プレゼンテーションの内容などは、優れたまとめ記事がすでにたくさんアップされておりますので、その一部についてちょっと気になって調べたことを書いてみたいと思います。

 

調べたきっかけはこちらのニュース記事。

LinkedInモバイルアプリ、プライバシー上の懸念に応えてアップデート (CNET Japan 2012/6/7の記事)

要約するとLinkdInのアプリがユーザのプライベートな情報を、ユーザに明示せず収集していたというお話です。

_gaTrackerの次の日にこの記事を読んで、スマホアプリの解析においてはユーザのプライバシーへの配慮というのが重要な問題になると感じました。スマートフォンは極めてプライベートな情報が詰まったデバイスなので、ユーザも情報を収集されることには敏感になっていると思いますし、iOSが勝手に位置情報を収集していたことが問題になったこともありました。

 

まず、AppleさんGoogleさんそれぞれのアプリ開発者向けのプライバシーガイドラインを確認してみました。

App Storeの審査ガイドライン

Apps cannot transmit data about a user without obtaining the user’s prior permission and providing the user with access to information about how and where the data will be used

Android SDKの利用規約

You agree that if you use the SDK to develop applications for general public users, you will protect the privacy and legal rights of those users. If the users provide you with user names, passwords, or other login information or personal information, your must make the users aware that the information will be available to your application, and you must provide legally adequate privacy notice and protection for those users. If your application stores personal or sensitive information provided by users, it must do so securely. If the user provides your application with Google Account information, your application may only use that information to access the user’s Google Account when, and for the limited purposes for which, the user has given you permission to do so.

私のおぼつかない英語力を駆使して読解したところでは、AppleさんGoogleさんいずれも「ユーザ情報」を収集するさいには、ユーザの事前の許可、あるいは適切な通知が必要であると書いてあります。

この「ユーザ情報」の定義が極めて曖昧だと思うのですが、

data about a user
user names, passwords, or other login information or personal information

と記載があるものの、”data about a user”や”personal information”がどこまで指すのかは不明です。(このあたりについて書かれた公的なドキュメントがあれば教えて欲しいです…)

位置情報やカレンダーに登録している予定情報は確実にユーザのプライベートな情報に含まれると思いますが、

・アプリをよく使う(起動する)時間帯・曜日
・ECサイトのアプリで、よく閲覧する商品やブランド
・グルメアプリでお気に入りに登録している店舗
・乗換検索アプリで入力した出発・到着の駅名

などなど、どこで線引きするかは非常に曖昧ですよね。乗換検索で入力する駅名とかは、かなりプライベートな情報に近い気がしますがどうなんでしょうか。

 

世の中のアプリはどうしているか

iPhoneアプリについてだけなのですが、色々なアプリの対応について調べてみました。と言っても、Googleアナリティクスなど解析プログラムを入れているかどうかは分からないため、ちゃんとマーケティングをやっていそうな企業のアプリをいくつか選んで、「明示的なオプトインをしているか」「プライバシーポリシーはどう記述しているか」について調べてます。

SUUMO
位置情報についてのオプトインあり(アプリの機能として利用)
プライバシーポリシーはWebサイトを流用

 

Yahoo!天気・災害
位置情報についてのオプトインあり(アプリの機能として利用)
プライバシーポリシーはWebサイトを流用

 

マクドナルド公式アプリ
位置情報についてのオプトインあり(アプリの機能として利用)
プライバシーポリシーはアプリ内に組み込み(ただし文言はWebサイトと同一?)

 

他にもいくつか調べてみましたが概ね同じような傾向でした。

アプリの機能として利用する位置情報以外の情報について明示的なオプトインを要求しているアプリはなく、プライバシーポリシーで収集している情報と収集目的について記載しているケースがほとんどでした。
ただ、プライバシーポリシーは企業のWebサイトに記載しているプライバシーポリシーページをそのままアプリ内で表示しているケースが多く、「アプリのプライバシーポリシーについては、あんまりちゃんと考えてないのかも」という印象もありました。

 

結論

では最後に強引に現時点での私なりの結論をまとめてみたいと思います。

・どこまでプライバシー情報に当たるのかは慎重に検討する
・位置情報やその他明らかにプライバシー情報に当たるものはオプトイン型で収集することを明示する
・プライバシー情報以外は、プライバシーポリシーに収集している情報と収集目的を明示する

 

以上です。実際にアプリ解析をしている企業の担当者さんの意見なども聞いてみたいですね。